05/22
2022
Sun
旧暦:4月22日 先勝 乙 
産業・経済
2018年10月3日(水)8:57

高級魚、高値で落札/宮古島漁協魚市場

カンムリブダイなど上場


久しぶりに上場されたカンムリブダイ(手前)=2日午前7時すぎ、宮古島漁協

久しぶりに上場されたカンムリブダイ(手前)=2日午前7時すぎ、宮古島漁協

 宮古島漁協(儀保正司組合長)の競りで2日午前、久しぶりにカンムリブダイ9匹が上場され、このうち1匹がキロ単価1420円の高値で落札された。

 この日の競りにはカンムリブダイのほかに、アカジンミーバイ、アイゴ、アバサー、イセエビ、サザエなど多種類の魚介類が上場された。

 競り人の開始の掛け声で次々と競り落とされた。アカジンミーバイはキロ単価2570円でこの日の最高価格で成立した。

 注目を集めたカンムリブダイの大小9匹は重さが5~10㌔。キロ単価1280~1420円の高値で競り落とされた。

 その他のキロ単価はイセエビが2680円、サザエ560円などであった。

 カンムリブダイは群れで回遊する大型の魚で、儀保組合長は「これからの漁獲高が楽しみ。高級の魚でうまい」と笑顔で話していた。


カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!