07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
環境・エコ
2018年10月9日(火)8:55

「サシバを守ろう」/保護合同パトロール

中高生参加し出発式


伊良部中高校の生徒たちが参加して、行われた保護合同パトロール出発式=8日、市役所伊良部庁舎前

伊良部中高校の生徒たちが参加して、行われた保護合同パトロール出発式=8日、市役所伊良部庁舎前

 2018年度サシバ保護合同パトロールの出発式(主催・宮古島市環境衛生課)が8日、市役所伊良部庁舎前で伊良部中高校の生徒らも参加して行われた。「寒露のタカ渡り」として知られるサシバの飛来数調査も同日始まった。保護合同パトロール(広報パレード)は飛来数調査期間中の21日まで継続して行う。

 宮古野鳥の会の仲地会長は「サシバは本州などで繁殖した後、南西諸島を南下してフィリピンなどで越冬する」と渡りのルートを説明した上で「サシバが縁で、宮古島市は繁殖地の栃木県市貝町と交流都市を締結し、来年は同町で国際サシバサミットを実施する。来年は宮古島、再来年は越冬地のフィリピンでの開催が検討されている。サシバ保護も地域的な活動から、大きく広がっている」と今後の保護活動などについて話した。

 伊良部中学校生徒会長の嘉数優愛さん(3年)が同校生徒を代表して「サシバの大切さを1人でも多くの人に知ってもらえるように、私たちが保護を訴えていきたい」と決意表明を述べた。出発式後、宮古島署佐良浜、仲地両駐在所のパトカーと市の広報車などで、サシバ保護や鳥獣保護思想の啓蒙パレードに出発した。同広報パレードは伊良部島内、宮古島内の主な飛来地区を対象に宮古島署などと連携して行う。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!