02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
イベント スポーツ
2018年11月6日(火)8:58

2189人が宮古路駆ける/エコマラソン

フルは男女とも県勢V


フル・ハーフマラソンの参加選手が一斉にスタートした=4日、市陸上競技場

フル・ハーフマラソンの参加選手が一斉にスタートした=4日、市陸上競技場

 第9回エコアイランド宮古島マラソン(主催・宮古島市など)が4日、市陸上競技場をゴールとしたマラソンコースで行われ、フル、ハーフ、10㌔の3部門に計2189人が出場して秋の宮古路を駆け抜けた。フルの部は仲間孝大(30)=那覇市=が2時間52分54秒で総合2年連続4回目の優勝を果たした。女子は我那覇昭子(45)=那覇市=が3時間45分34秒で2年ぶり2度目の栄冠をつかんだ。ハーフの部男子は宮古島出身の与那嶺恭兵(31)=浦添市=、女子は西岡真紀(26)=和歌山県=がそれぞれ優勝した。3部門の完走者は計1975人、完走率は90・22%だった。

 この日の天気は晴れ。最高気温が27・6度(午後1時35分)にまで上昇するなど、強い日差しと高い湿度が選手らを苦しめた。

 フルの部には712人が出場し、市陸上競技場を発着点に伊良部と来間の大橋を渡るコースを走り、610人が完走を果たした。

 総合優勝した仲間は、序盤からトップに立つと、最後まで独走。他の追随を許さなかった。女子の部を制した我那覇は、35㌔地点で先頭をとらえると、そのまま抜き去って優勝を飾った。

 ハーフは市陸上競技場を出発し、伊良部大橋を渡り折り返すコース。960人が出場し877人が完走した。男子優勝の与那嶺は1時間21分56秒、女子の西岡は1時間30分43秒の記録でゴールテープを切った。

 伊良部島を出発する10㌔の部には517人が出場し、488人がゴールした。男子優勝は杉山時之(21)=千葉県=が38分27秒、女子は五十嵐真美(52)=茨城県=が50分55秒でそれぞれ制した。

 開会式で大会長の下地敏彦市長は「心地良い海風を感じ、橋からの素晴らしい景色・自然を満喫しながらゴールを目指していただきたい」と呼び掛けた。2018ミス・ユニバース沖縄グランプリの木村梨菜さん(21)=宮古島市出身=がスターターを務め、大会に花を添えた。

 レース後は、市総合体育館で表彰式とふれあいパーティーが行われ、出場選手が健闘をたたえ合った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!