02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
社会・全般
2018年11月7日(水)8:58

病害虫を初確認/パパイア

被害株は衰弱枯死も

 パパイアやグアバの生育を阻害するパパイアコナカイガラムシがこのほど、宮古島市平良で初めて確認された。県病害虫防除技術センターが発表した。被害が激しい株は枯死することもある。防除で使える登録薬剤はないが、同センターが注意を呼び掛けている。

 同センターによると、9月中旬に初めてパパイアとグアバへの寄生を確認したという。その後に実施した発生調査では、近隣のパパイアでも見られた。

 一般的なコナカイガラムシ類と同様、主に葉裏に寄生するが、既知のコナカイガラムシ類とは異なり、被害が大きい場合は枯死することもあるのが特徴だ。

 増殖が早く、発生量が多いと葉柄や茎のほか、果実にも寄生するという。

 寄生を受けた植物体は衰弱し、葉の黄化、落葉、すす症状などが見られ、その後の生育に影響する。

 パパイアが主な寄主植物とされているが、文献上寄生の記録のある植物は▽グアバ▽キャッサバ▽バンレイシ属▽アセロラ▽アボカド▽ナス-など科に及ぶことが分かっている。

 同センターでは▽寄生を確認した場合は、寄生部位を速やかに除去し、土中に埋めるか袋等に入れ、密封して適切に処分する▽アワユキセンダングサにも寄生するため、圃場並びに施設内外の雑草等の管理-などを呼び掛けている。

 マンゴーへの寄生の可能性については「国内では確認されていないが、国外では報告があることから発生に注意してほしい」としており、寄生しやすい作物を近くで栽培しないことや除草の徹底を促している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!