02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
社会・全般
2018年11月7日(水)8:55

上期の人身事故108件/18年宮古島署管内

レンタカーが大幅増加

 宮古島署(前花勝彦署長)は2日、管内の2018年上半期(9月末、速報値)までの交通事故件数をまとめ、発表した。それによると人身事故は108件と、前年同期比の66件より63・6%増加した。この内、25・9%に当たる28件がレンタカーによる事故で、昨年同期比の5件を大幅に上回った。

 人身事故の内訳をみると死亡4件、重傷21件、軽傷が83件だった。 今年の人身事故の特徴は昼間(日の出から日没まで)の間に発生したのが全体の80・6%を占めた。中規模交差点(幅員5・5㍍以上、13㍍未満)で発生した人身事故は全体の57・9%と半数以上を占めた。

 同署交通課の崎浜秀樹課長は「来島者の増加とともに、歩行者も増えるなど、運転環境が変わってきている。優先道路を走行していても、交差点に進入する際には、徐行し左右の安全を確認してほしい。油断することなく、安全運転の基本を守ってほしい」と強く注意を促している。

 また、「特にこれからの時期は人や物が動く年末、年始に向かうので、一層安全運転の基本を守ってほしい」と呼び掛けている。

 また、月別の発生状況をみると、2月は前年と同じ件数だったが、それ以外はいずれも今年が前年を上回る発生件数だった。特に3月は前年同月比の50%、4月は25%増加した。

 物損事故の発生件数は1285件(9月末)で昨年同期比の1222件と、ほぼ横ばいだが増加傾向にはある。物損事故に占めるレンタカーの割合は51・2%(658件)。高齢者(65歳以上)が227件と全体の17・7%を占めている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!