02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
産業・経済
2018年11月14日(水)8:57

キャッシュレス化を推進/琉球銀行

商工会議所などへ業務委託


カード加盟店開拓業務を委託した川上頭取(中央)と下地会頭(右から3人目)、豊見山会長(左から3人目)=12日、那覇市

カード加盟店開拓業務を委託した川上頭取(中央)と下地会頭(右から3人目)、豊見山会長(左から3人目)=12日、那覇市

 【那覇支社】琉球銀行(川上康頭取)は12日、宮古島や石垣島、久米島でのVISAとMasterCardのカード加盟店開拓業務を宮古島商工会議所(下地義治会頭)や宮古島観光協会(豊見山健児会長)など3島5団体へ業務委託したと発表した。キャッシュレス決済の推進が目的で、委託された各団体は加入事業者に対して同行が提供する決済専用端末の設置を呼び掛ける。


 川上頭取は「外国観光客は、あまり現金を持ち歩かない。離島では、良い商品があっても支払う手段が整っていない。今回の提携により、地域の売り上げの向上にもつながると期待している」と述べた。

 5団体を代表して、下地会頭が「会員事業所を中心に、加盟店契約を推進していきたい。提携した沖縄の主要離島での波及効果なども期待され、キャッシュレス世界の実現に向けてアピールしていきたい」と話した。

 宮古島など3島へ訪れる国内外からの観光客は、年間約240万人を超える。同行は、外国人観光客が多く使用するVISAやMasterCardなどの利用環境を整備し、地元と提携することで早期の「キャッシュレスアイランド」実現を図る。

 加盟店への売上代金の振り込みは通常月2回だが、振込先を同行に指定すれば1週間以内になる。専用端末では、中国で普及しているアリペイなども取り扱えるという。

 今回、同行と提携したのは宮古島商工会議所と宮古島観光協会のほか、石垣市観光交流協会(大松宏昭会長)、久米島商工会(嘉手苅一会長)、久米島町観光協会(比嘉護会長)。同行は、来年3月末までに3島で計170店の新規加盟契約を目指している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!