02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
産業・経済
2018年11月14日(水)8:56

下地、與那原さんら表彰

県建設雇用改善優良事業所


優良若年建設従事者表彰を受けた(右から)共和産業の與那原さん、冨廣建設の下地さん、大米建設の古堅さんと照喜名さん=13日、県庁

優良若年建設従事者表彰を受けた(右から)共和産業の與那原さん、冨廣建設の下地さん、大米建設の古堅さんと照喜名さん=13日、県庁

 【那覇支社】県は13日、2018年度県建設雇用改善優良事業所表彰式を県庁で開いた。宮古関係では、優良若年建設従事者表彰に、大米建設(下地米蔵会長)の照喜名大地さん(29)と古堅一彰さん(28)、冨廣建設(冨永廣次代表)の下地敏彦さん(29)、共和産業(武富和裕社長)の與那原大さん(27)が、それぞれ受賞した。今年度は全県で4人を含む23個人と6事業所が表彰された。


 同賞は、建設業界で勤務する30歳未満の技術・技能職に従事し、勤務成績が優秀で他の模範となる社員を建設業協会会長が表彰するもの。

 商工労働部の屋比久盛敏部長はあいさつで「皆さんの真摯な取り組みと絶え間ない努力に対し、深く敬意を表する。今後も他の企業の模範となるよう技能・技術を発揮し、建設労働者雇用の質の改善への取り組みを継続していただきたい」と激励した。

 表彰式後、照喜名さんは「地域社会に貢献し、人に愛される建物を作っていける技術者になりたい」と喜びを語り、古堅さんは「今後は後輩も増えてくるので、指導できるように日々精進したい」と気を引き締めた。

 また、伊良部国仲出身の下地さんは「安全第一を心がけて、この賞に恥じないようにしっかり努めていきたい」と意気込みを述べ、上野野原出身の與那原さんは「評価してもらえたことに感謝し、もっと会社に貢献できるように頑張りたい」と笑顔で話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!