07/13
2024
Sat
旧暦:6月8日 先勝 戊 
産業・経済
2018年11月16日(金)8:56

経営は「考動」と速さで/沖銀頭取就任記念講演

国際経営・農研 佐藤さん講話/おきぎんカトレアクラブ


経験に裏打ちされた佐藤さんのリーダーシップ論に耳を傾ける参加者=15日、市内ホテル

経験に裏打ちされた佐藤さんのリーダーシップ論に耳を傾ける参加者=15日、市内ホテル

 沖縄銀行の山城正保頭取の就任記念を兼ねた「おきぎんカトレアクラブ」の講演会が15日、市内のホテルで開かれた。大手自動車メーカーの経営に携わってきた佐藤満さんが講演し、ビジネスは「どんなことでも考動(こうどう)することが大切だ。そして、速く対応すること」と助言。リーダーの条件としては「優秀な社員の潜在能力を引き出すことだ」と語った。

 講演には、宮古島市内の企業経営者らが多数参加した。ホンダカーズタイランドやフォルクスワーゲン・グループ・ジャパン、日本ゼネラルモーターズの社長などを歴任した佐藤満国際経営・農業研究所社長の佐藤さんの話を聞いた。

 佐藤さんは「会社の経営は黒字が当たり前」とした上で「売り上げは元気、利益は自信になる。経営者が数字にどれだけ執着心を持てるかだ」と諭した。

 経営に必要なこととしては▽先見力▽決断力▽実行力-を挙げ、「伸びる企業はマーケティングを重視している」と語った。

 「会社はつぶれる運命にある」とも指摘し、「会社は発展、安定、衰退の道をたどる。衰退を止めるのが経営者であり、つぶさない方法は取引先を増やしていくことだ」と話し、「ノープレー、ノーエラー」を引き合いに、チャレンジすることの重要性を説いた。

 リーダーに課されることとしては、▽聞く▽説明する▽部下、社員をアシストする▽話し合う▽公平に評価する▽責任を取る-と助言し、「企業は社長の器以上に大きくなれない。リーダーの能力がすべてで、リーダーが優秀なら会社も発展していく」と強調した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!