02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
教育・文化
2018年12月2日(日)8:59

行動力の重要性強調/宮高創立90周年記念教育シンポ

卒業生3人が講話


生徒らに講話する下地さん(左)、兼村さん(中央)、長濱さん=1日、宮古高校体育館

生徒らに講話する下地さん(左)、兼村さん(中央)、長濱さん=1日、宮古高校体育館

 宮古高校の創立90周年記念教育シンポジウム(主催・同記念事業期成会、南秀同窓会)が1日、同校体育館で開かれた。シンガーソングライターの下地イサムさん(40期卒)ら同校の卒業生3人がパネリストとして登壇。「未来を切り拓く宮高魂~これまで歩んできた道 そしてこれから~」をテーマに、それぞれの半生を語りながら、何事にも挑戦する行動力の重要性を説いた。

 パネリストは下地さんのほか、沖縄ITイノベーション戦略センターの兼村光さん(39期卒)、宮古島市副市長の長濱政治さん(20期卒)。ネットワークこころ代表の下地則子さん(23期卒)がコーディネーターを務めた。

 下地さんは父の還暦祝いで制作したテープが音楽家のきっかけになったことを伝え、「やりたいことを探し続けることで、予想もしなかった道が開ける」と語りかけた。

 兼村さんは、県の補助事業に県内の高校3年生が応募し、採用されたことを紹介。「無理だろうと否定するのではなく、『だったらこうしてみたら』と考えることが大事」と話した。

 長濱さんは戦後、先人たちの努力で電気や水道などのインフラ整備進んだことを説明し、「卒業後に島を離れても宮古の歴史を学び、島のために何ができるか考えてほしい」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!