02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
産業・経済
2018年12月9日(日)8:57

入域観光客数7万4000人/宮古11月

前年同月比1万8000人増

 市観光商工部は7日、11月の宮古島への入域観光客数について、前年同月比1万8015人(32・02%)増の7万4284人だったと発表した。

 今年11月の入域観光客数を来島手段別に見ると、空路が5万6470人、海路は1万7814人だった。前年同月は空路が4万1797人、海路は1万4472人だったことから、空路で1万4673人、海路では3342人増加している。

 観光商工部では増加の要因として、空路では全日空(ANA)の中部(名古屋)-宮古直行便の乗客に占める観光客が増加したことやフジドリームエアラインズ(FDA)が新潟などから奄美大島を経由してのチャーター便を就航させたこと、海路では海外クルーズ船の寄港が増加したことを挙げる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!