07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2018年12月14日(金)8:56

作業の安全を確認/港湾労災防止協など

年末港湾荷役パトロール


参加者は指差呼称で安全作業を改めて確認した=13日、平良港第1埠頭

参加者は指差呼称で安全作業を改めて確認した=13日、平良港第1埠頭

 2018年度年末港湾荷役合同パトロール(主催・港湾労働災害防止協会沖縄総支部宮古支部)が13日、平良港第1埠頭(ふとう)、漲水埠頭で行われた。出発式で参加者約30人が「みんなで感謝の総点検 笑顔で迎える 年末年始」のスローガンを指差呼称し、物流が増加する年末年始の安全な荷役作業の決意を新たにした。この日は悪天候で船の入港が遅れたため、参加者は漲水埠頭、第1埠頭の荷役エリアのパトロールを実施した。

 同協会は16日~来年1月15日までの期間を「年末年始港湾無災害強調期間」と定め、安全活動を実施している。

 出発式で、同支部の砂川恵映支部長が「パトロールでは、船内、沿岸、上屋における作業場に潜む危険要因を徹底的に洗い出し、災害、危険ゼロに取り組もう」とあいさつした。

 宮古労働基準監督署の宮国浩署長が「港湾荷役業界と行政のそれぞれの視点から、作業現場の状況を確認し、十分な安全衛生対策が取られるよう指導していきたい」と述べた。

 県内での港湾荷役作業における、休業4日以上の労働災害は10月末で2件と前年の7件よりも減少している。宮古労働基準監督署管内は2017年はゼロ件だったが、今年は1件発生している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!