02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
社会・全般
2018年12月15日(土)8:58

「農業者所得の増大」決議/JA沖縄大会開催

目標実現へ統一図る


第22回JA沖縄大会でガンバロー三唱をする参加者ら=14日、豊見城市

第22回JA沖縄大会でガンバロー三唱をする参加者ら=14日、豊見城市

 【那覇支社】JAグループ沖縄は14日、3年に1度の第22回JA沖縄大会(運営委員長・砂川博紀JA沖縄中央会会長)を豊見城市立中央公民館で開催し、JA各グループの代表者と関連組織の役職員ら約700人が出席した。大会では、▽農業者の所得増大・農業生産拡大へのさらなる実践▽連携による「地域の活性化」への貢献▽自己改革の実践を支える経営基盤の強化-など6項目について決議した。

 同大会は、JAの経営課題などを踏まえた実践具体策として、来年度から3年間の中期運動目標を設定し、組織内外に表明するために開催された。

 大会冒頭、主催者あいさつで砂川会長は、年末に発効予定の米国を除いた11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP11)などに加え、日米2国間協議が年明けにも開始する状況について触れ「日本農業は、かつてないほど市場開放の荒波にさらされようとしている」と指摘した。

 また、政府が進める農協改革集中推進期間の期限が来年5月に迫り、JAグループにとって大きな節目が到来しているとして、「生産者が持つ不安を払拭し、粘り強い運動を展開して、この危機を乗り越えないといけない」と述べ、さらなる自己改革の必要性を訴えた。

 来賓のあいさつでは玉城デニー知事(代読・富川盛武副知事)が「2016年の県内農業産出額が21年ぶりに1000億円を突破するなど、みなさんの取り組みの成果が表れてきている。引き続き、農業振興のけん引役を果たしてもらいたい」と述べた。

 このほか、大会では「創造的自己改革のさらなる実践に関する決議」も採択し、来年度から3年間の目標と実現に向けた方向性の統一を図った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!