02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
産業・経済
2019年1月9日(水)9:00

過去最多の176万人/18年空港乗降客

前年比9万6千人増加/本土直行便の増便後押し


宮古空港の月別乗降

宮古空港の月別乗降

 2018年1月から12月までの1年間に宮古空港を利用した乗降客数は176万180人となり、過去最多だった17年の166万4038人を9万6142人上回り、最多記録を更新したことがこのほど、市空港課のまとめで分かった。本土直行便の増便や新規就航(期間限定)が利用者増を後押しした形だ。

 18年の乗降客数を月別に見ると、最も多かったのが8月の18万8917人。次いで7月の16万1124人、10月の15万6790人。最も少なかったのは2月の11万9573人。次いで1月の12万2555人、12月の13万2346人。

 前年実績より減少したのは8201人減となった9月と、70人減の7月の2カ月のみ。台風接近に伴う欠航があったことが減少の要因と考えられる。

 増加幅が最も多かったのは1万7288人増加した3月。次いで1万5818人増の4月、1万4611人増の8月となっている。

 18年は本土直行便では全日空(ANA)が運航する中部(名古屋)、福岡、関西便で増便が行われた。17年は6月から10月までの期間限定運航だった中部直行便が3月25日から通年運航に。1998年10月以降、運休となっていた福岡直行便は6月1日から10月27日まで期間限定で運航した。

 当初1日1往復だった関西直行便は7月14日から9月30日まで1往復増便となり、期間中は1日2往復を運航させた。

 チャーター便では1月に大韓航空が仁川(韓国)からの便を就航させたほか、フジドリームエアラインズ(FDA)は2、3月、11月などに小牧や新潟などからの便を就航させた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!