02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
イベント
2019年1月15日(火)8:58

力合わせて大空へ

親子42組がたこ揚げ/ライオンズクラブ主催


風を利用して上手にたこを揚げる参加者=13日、平良のトゥリバー

風を利用して上手にたこを揚げる参加者=13日、平良のトゥリバー

 第29回新春親子たこ揚げ大会(主催・宮古ライオンズクラブ)が13日、平良のトゥリバー地区(埋め立て地)で行われた。親子42組、総勢約150人が参加。手作りの宮古だこなどのたこ糸を威勢よく引っ張り、風に乗せて歓声を上げていた。多くの凧が舞い、新春の大空を彩った。

 参加者はたこを手に次々と会場に集合した。北北東からの風が約9㍍吹き、たこ揚げに適した風の強さだった。

 午前10時に凧揚げ開始。

数多い手作りの自慢のたこが空高く舞い上がった。

 たこの上がり具合やデザインなどを競い合った結果、親子3世代10人で参加し、本村虹貴君(4)の名前で登録した手製たこが2連覇を決めた。

 虹貴君の祖父でたこを製作した本村先也さん(53)は「2年連続優勝できて、とてもうれしい。家族で絆を深めた楽しい思い出となった」と満面の笑みを見せた。

 閉会式で、荷川取辰彦大会実行委員長は「向こう1年間、空高く揚がったたこのように勢いある年にしてください」と激励した。
 宮古ライオンズクラブの下地隆之会長は参加者の健闘をたたえた上で「来年の参加も期待する」と述べた。

 入賞者は次の通り。(敬称略)
 最優秀賞=本村虹貴▽高くまで昇ったで賞=寺町颯▽デザイン賞=上地陽菜▽ファミリー賞=宮城大征▽アイデア賞=斎藤輝汰▽ハッスル賞=本村夏帆


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!