01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
産業・経済
2019年1月16日(水)8:56

本畑への定植始まる/19年産葉タバコ

農家、豊作に期待大


葉タバコの本畑への定植作業が始まった=15日、宮古島市内

葉タバコの本畑への定植作業が始まった=15日、宮古島市内

 2019年産葉タバコの苗を本畑に定植する作業が始まっている。16日から雨が予想されているため、定植を急ぐ農家が市内で見られた。農家によると今期の苗は「まずまず」。前期同様の豊作が期待される。

 15日は上野地区で作業に精を出す農家がいた。「AP-1」という機械に2人で乗り、ゆっくりと前進させながら小さな苗を丁寧に植え付けていた。

 農家は「苗の出来は悪くない」としながらも、長雨に伴う日照不足の影響に触れて、「根の張り具合が少し心配だ」と話した。

 今後、本畑への定植作業は各地で本格化する。

 19年産の宮古地区の生産農家戸数は121戸。面積は491ヘクタールとなる。

 地区別の戸数と生産面積は▽平良14戸、46・5ヘクタール▽城辺35戸、172・7ヘクタール▽下地28戸、112・4ヘクタール▽上野25戸、102・4ヘクタール▽伊良部10戸、34・6ヘクタール▽多良間9戸、22・5ヘクタール-。

 前期18年作の買い入れ重量は1291トンで、平均反収は242キロの豊作。県の目標(226キロ)を大幅に上回る収量となった。

 今期も県目標以上の反収と豊作が期待される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!