02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
政治・行政 社会・全般
2019年1月24日(木)8:59

プラザ棟建設に着手/リサイクルの拠点施設

学習やフリマなどに使用/来年4月供用開始


くわ入れを行う長濱副市長(右から2人目)ら=23日、平良西仲宗根の市クリーンセンター敷地内

くわ入れを行う長濱副市長(右から2人目)ら=23日、平良西仲宗根の市クリーンセンター敷地内

 リサイクルに関する啓発拠点となる宮古島市リサイクルセンター建設工事(プラザ棟)の安全祈願祭が23日、同所敷地内で実施された。市や工事関係者が集い、くわ入れや玉串奉納を行い、工事の安全や工期内での完成を祈願した。市民がリサイクルを推進、実践するための施設となり、最終処分場の減量化にも寄与する。2020年4月の供用開始を予定している。

 建物は鉄筋コンクリート造りの2階建て。建設面積は853平方㍍、延べ面積は1673平方㍍。総事業費は4億9968万円。工期は19年11月30日まで。

 プラザ棟は、リサイクルに関する講座やイベントの開催、施設見学、リサイクル品再利用による貸し出し、無償提供、販売などを行う。民間団体への外部委託を基本とするが、供用開始から3年間は市直営となる。

 安全祈願祭には工事関係者や地域住民、市職員らが参加した。施主である宮古島市の長濱政治副市長らがくわ入れしたほか、参加者が玉串奉納を行い、工事の無事完了を願った。

 下地敏彦市長(代読・長濱副市長)は「プラザ棟建設でごみ処理施設の全体像が完成する。安全に工事を終え、市民に誇れる施設になることを願う」と語った。

 同施設の機能としては▽修理・再生機能(家具工房・自転車工房)▽展示・提供機能(再生品展示・不用品情報交換・フリーマーケット)▽情報提供・学習(リサイクル体験・各種教室)▽地域活動の支援(講演会・イベント・地域活動)-を定めている。

 工事は建築を佐平建設、電気設備を三和電気、機械設備を吉田産業がそれぞれ請け負う。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!