06/30
2022
Thu
旧暦:6月2日 先勝 甲 
社会・全般
2019年1月25日(金)9:00

適切な飼育環境目指す/宮古馬飼養問題

ソフト面の支援提案/日本馬事協、飼養者らと協議


馬事協会、JRA、宮古馬飼養者と保存会のメンバーが意見を交換した=24日、市役所城辺庁舎

馬事協会、JRA、宮古馬飼養者と保存会のメンバーが意見を交換した=24日、市役所城辺庁舎

 宮古馬の視察に訪れている日本馬事協会と日本中央競馬会(JRA)の関係者らは24日、市役所城辺庁舎で宮古馬の飼養者と宮古馬保存会の事務局(市教育委員会生涯学習振興課)と意見交換を行い、適切な飼育環境を目指して現状における課題や今後の活動などについて話し合った。同協会側からは宮古馬の活用幅を広げるためにも馬の「調教」に向けたソフト面の支援などが提案された。

 今回の意見交換会には宮古地区の飼養者5人のうち、3人が参加して、それぞれの意見や飼養の現状などが報告された。

 これまでの飼養状況の視察を踏まえて、同協会の伊藤克己副会長は「宮古馬を飼うことに対する飼養者たちの苦労は馬に対する情熱がなければとてもできないし、本当に敬意を表したい」と感謝した。

 その上で「今回の問題についても、その人だけが悪いのではなく、今の飼養形態の中ではどこでも起こりうる事象であり、不幸な事故を踏まえて飼養管理のあり方を考えて行くことが大切」と述べた。

 今回の意見交換会は非公開で行われ、終了後の取材で同保存会側は「協会側からは、飼養だけでなく、宮古馬の活用の幅を広げるための『調教』について、講習会への人材派遣などソフト面で協力できることが示された」と述べた。

 また、保存会側からも飼養者に対しては宮古馬の餌となる青草について、ボランティア作業などで除去された草なども餌として提供できるような環境を整えることなども提案されたという。

 そのほか、伊藤副会長からは「私たち協会と宮古馬保存会が一緒になって種の保存に向けた取り組みを今後もやっていくことが大切。これからも保護と活用をテーマにした事業を進めていきたいと思っている」との見解も示された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!