07/13
2024
Sat
旧暦:6月8日 先勝 戊 
産業・経済
2019年1月27日(日)8:55

セーイカ漁が最盛期

刺し身や寿司ネタに人気
宮古島漁協


水揚げされたばかりのセーイカ=26日、平良の荷川取漁港

水揚げされたばかりのセーイカ=26日、平良の荷川取漁港

 宮古島漁業協同組合(儀保正司組合長)は26日、新鮮なピンク色のセーイカ(ソデイカ)を約450㌔引き取り、島外に出荷した。セーイカ漁は2~3月が最盛期とされ、これからの大漁が期待されている。


 セーイカ漁の解禁期間は11月1日~6月30日までで、その期間が漁期とされる。

 セーイカは熱帯から亜熱帯海域にかけて生息する。最大体長100㌢、体重20㌔まで成長する日本産食用イカの最大種。

 船上に水揚げされたセーイカは頭部と腸が除去された後、1匹ずつビニール袋に入れられ同漁協に引き渡された。

 このイカは刺し身や寿司ネタとしても人気がある。ゲソと呼ばれるイカの足は安く、食べやすい大きさに切って野菜と混ぜて煮付けにすると美味しいという 

 セーイカを約250㌔水揚げしたある漁師は「去年は不漁だった。今年は全県で大漁が続いるために値段は安い。来月の旧正月(2月5日)に向かって高値になってほしい」と期待を込めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!