02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
教育・文化
2019年2月3日(日)8:55

協力してキビ収穫/宮総実3年生

仲間との思い出に


キビ刈りで友情を深めた生徒たち=1日、宮古総合実業高校第2農場

キビ刈りで友情を深めた生徒たち=1日、宮古総合実業高校第2農場

 宮古総合実業高校(平良淳校長)は1日、宮古空港近くの第2農場でサトウキビ収穫学習を実施した。3年生農林系の全生徒112人が参加。おので刈り取り、葉をてきぱきと落とし、束にして積み上げた。約20㌧を収穫し、近く沖縄製糖宮古工場に搬入され圧搾される。

 同学習は、地域の基幹作物に対する意識を高揚させるとともに、協調性と責任感を養い、思い出づくりの機会とすることを目的に行われた。

 生徒たちは軍手をはめ、鎌を片手に刈り取りに挑戦。最初は慣れない手つきで取り組んでいたが、次第に慣れてきて作業はスピードアップした。

 仲間美有さんは「初めてのキビ刈り体験で、農家の大変さが分かった。とても良い思い出になった」と額の汗をぬぐいながら感想を語った。

 PTA母親委員会の新崎美千八さんら10人がカレーライスの炊き出しを行い、生徒たちに愛情のこもった150食を振る舞った。

 汗を流した後の昼食は格別のようで、生徒たちは「おいしい」と喜んでいた。

 新崎さんは「生徒たちのキビ刈り学習はとても良かった。参加者全員が笑顔で食べていたので、母親委員会は大満足」と笑顔で話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!