02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
教育・文化
2019年2月5日(火)8:56

山田さんしのび句会/句碑建立14年記念し集会

山田弘子句碑建立14周年を記念して集まった関係者=3日、平良のカママ嶺公園

山田弘子句碑建立14周年を記念して集まった関係者=3日、平良のカママ嶺公園

 俳人で故山田弘子さんの句碑建立14周年を記念する集会が3日、句碑が建つ平良のカママ嶺公園で開かれた。当時の建立実行委員会委員長の伊志嶺亮さんら関係者が集い、句会を通して山田さんをしのんだ。

 山田さんは、1934年に兵庫県で生まれた。95年に俳誌「円虹」を創刊。99年に初めて来島し、宮古島における俳句文化の普及発展に尽力した。2010年2月に急逝している。

 句碑は2005年2月に建立。碑には山田さんが宮古島で詠んだ「蒼海へ 鷹を放ちし 神の島」という俳句が刻まれている。

 集会で伊志嶺さんは「山田先生が初めて宮古島に来てからもう20年になる。この間、宮古の子どもたちが俳句に触れる多くの機会を提供してくれた。今では素晴らしい作品がたくさん出るようになった」と山田さんの功績をたたえた。その上で「ますます宮古島の俳句が上達するように祈念している」と話した。

 集会には神戸市在住の土井直治さん(85)と妻の淑子さん(79)も参加。俳句を通して山田さんと交流を深めてきたといい、集会には年間毎年出ている。

 淑子さんは「山田先生には本当によくしてもらっていた。その人柄がとても好きでした」としのび、「こうして毎年参加できることが幸せです」と話した。

 集会後、参加者は公園内を散策しながら思い思いに句を詠んだ。併せて、山田さんが残した功績の大きさをかみしめていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!