02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
社会・全般
2019年2月11日(月)8:58

入園者が60万人突破/海中公園

観光客に人気


海中公園で海中散歩を楽しむクルーズ船客ら=2018年4月6日

海中公園で海中散歩を楽しむクルーズ船客ら=2018年4月6日

 宮古島海中公園(鳥海喜代志園長)の入園者数が、今年1月で累計60万人を突破した。2011年4月の開園当初は年間8万人だったが、その後段々と増え、17年12月には累計50万人を達成するなど、年間で約10万人が訪れる人気施設となった。同園では「クルーズ船の寄港回数増加と航空路線の増便により観光客が増えたことが要因」と話している。

 知名度も浸透し、宮古島を訪れる観光客のパックツアーのコースにも組み込まれている。入園者は観光客が95%以上を占め、地元の来園者数を増やすのが課題。鳥海園長は「同施設の楽しさを啓発する活動などをこれまで以上に実施し、多くの地元の人たちに来園してもらえるようなイベントを実施していく」と話している。

 管理棟内での物品販売やフォトフレーム作りなどの体験コーナー、公園敷地内のシーサイド・カフェ「海遊」の利用もあり、施設利用以外での売上げも伸びている。

 物販は、シーサーやウミガメ、ハイビスカスなどが掘られた同公園職員手作りのシマゾウリが人気で売れ筋だという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!