02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
教育・文化
2019年2月24日(日)8:56

「素敵な演奏届けたい」

小、中6校に吹奏楽器
市が一括交付金3000万円で購入


学校側の要望に応え、市がたくさんの楽器を購入した=23日、マティダ市民劇場

学校側の要望に応え、市がたくさんの楽器を購入した=23日、マティダ市民劇場

 宮古島市(下地敏彦市長)が23日までに、市立小、中学校の計6校の備品としてトランペットなど複数の楽器3000万円分を購入した。セレモニーがマティダ市民劇場であり、真新しい楽器がお披露目された。


 市が学校側からの要望に応え、一括交付金を活用して購入した。トランペットやクラリネット、トロンボーン、チューバ、マリンバなど計102個を買った。

 納品される学校は、小学校が平良第一、南、東、北の4校。中学校は平良と北の2校となる。

 セレモニーで平良第一小学校金管バンド部の鋤柄琉(るい)部長は「この新しい楽器で素敵な演奏を届けたい」と感謝。北中学校吹奏楽部の目取眞千華部長も「多くの人々に感動を与えられる演奏ができるように頑張りたい」と話し、楽器の有効活用を約束した。

 下地市長(代読・長濱政治副市長)は「それぞれ楽器が古くなり、これまでコンクールなどで思い通りの演奏ができず、悔しい思いをしたと聞いている」と理解を示し、「新しい楽器を使えば演奏技術も飛躍的に向上すると思う。県、全国のコンクールでの好成績を期待している」と話した。

 宮國博教育長は「皆さんの演奏には日ごろから多くの元気をもらっている。これからも市のイベントに積極的に参加してほしい」と話し、吹奏楽部のイベント参加に伴う地域の活性化に期待を込めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!