08/07
2022
Sun
旧暦:7月10日 仏滅 壬 立秋
社会・全般
2019年3月2日(土)9:00

求人倍率、初の2倍超/宮古管内

公的機関で大口求人


求人数・求職者数

求人数・求職者数

 宮古管内における2019年1月の有効求人倍率が2・04倍と過去最高値を更新した。県内で初めて2倍を超えた。1人の求職者に二つの働き口がある。新規求人が大幅に増え、職を求める人が減少したことが倍率上昇の主な要因。市役所など公的機関の臨時・非常勤等で370人の大きな求人があった。宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古、渡真利直人所長)が1日、発表した。

 有効求人倍率は、求職者1人につき何件の求人があるのかを示す指標。19年1月の2・04倍は、前年同月比で0・48ポイント上昇した。

 月間有効求人数は1619人で、前年同月比247人(18%)増加した。新規の求人数は738人で同比39人(5・6%)増えた。

 新規の中で、正社員の求人は計166人。構成比は22・7%だった。

 産業別の求人をみると不動産業、賃貸業のほか「公務・その他」で大口の求人があった。特に公務・その他では370人あり、前年同月比で207人増えた。

 県や市など臨時・非常勤の求人が多く、例年は2~3月に集中するが、人手不足の現状を踏まえて早めに取り組んだとみられる。

 一方の求職者数は月間有効求職者数が792人、新規求職申込件数は326件で、いずれも前年の同月と比べて減少し、管内の人手不足を印象付けた。

 ハローワーク宮古によると、1月は県内にある5公共職業安定所のすべてで有効求人倍率が1倍を超えているという。全県の倍率も1・23倍で過去最高値。

 同所では過去最高の有効求人倍率について「全国的に人手不足だが、宮古ではより顕著に表れている」と分析。「シニアや子育て世代を掘り起こしながら充足させたい」としている。

 県内初で2倍に達した管内の有効求人倍率だが、公務の臨時・非常勤求人が落ち着く3月以降はやや下降するとみられる。ただ、引き続き高い求人倍率で推移するという見方が強い。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!