02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
社会・全般
2019年3月2日(土)8:56

効率的体制を再構築/トライ実行委

 医療救護部施設長会議


 宮古島トライアスロン実行委員会(長濱政治実行委員長)は2月28日、医療救護部施設長会議と第2回準備委員会を開いた。前大会の実績報告と今大会の概要が説明された。医療救護部の吉廣剛部長は前大会経験を踏まえて、余分な物品や人員を削減して効率の良い体制を再構築する意向を示した。

 会議で長濱実行委員長は、スイムが前回から3キロ1周から1・5キロ2周になったことで「1周泳ぎ、浜で休憩できるようになったことでリタイア者が減り、選手からも好評だった」と話した。

 吉廣部長は、ボランティア人員の確保が難しいことや、今年から徳州会病院が宮古病院と同等に負傷者を受け入れることを挙げた。

 その上で「コンパクトでしっかりした組織作りが必要。機能を低下させずに連絡網などを充実させ、効率良い体制にしたい」と改善策を話した。

 同部は会議に先立って行われた準備委員会で、城辺やバイクゴールの医療テントに置かれている薬品や医療器材、備品の数と配置人員を見直した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!