02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
産業・経済
2019年3月6日(水)8:58

光ファイバー網整備へ

伊良部・狩俣地区
20年に全地域で利用開始

 【那覇支社】県企画部(川満誠一部長)は2019年度予算案で、離島や過疎地域で光ファイバーケーブルを利用した高速大容量通信環境を整備する「超高速ブロードバンド環境整備促進事業」に11億1047万1000円を計上している。宮古地区では、来年度に伊良部と狩俣地区の整備が行われ、完了すると大神島を除く全地域で光ファイバー網が整備される。伊良部・狩俣両地区でのサービス開始は20年を見込む。


 同事業は、県内の離島を含む15市町村を対象に観光・教育・医療・福祉・防災などのさまざまな分野でITC(情報通信技術)を活用し、離島や過疎地域と本島都市部との情報格差の是正や、企業誘致の促進など、地域振興を図ることが目的。事業期間は16~20年度までの5年間。

 超高速ブロードバンド環境を整備するNTT西日本に対して総事業費約42億円の9割を補助するもので、事業者負担は1割。補助費の総額は37億円で、負担額の内訳は国の一括交付金が8割、残りの2割を県と市町村がそれぞれ1割ずつを負担する。

 宮古地区では、17年度に上野・下地・多良間村、18年度に城辺・池間の各地区で整備が完了している。

 同部総合情報政策課は「ICT(情報通信技術)は、離島や過疎地域の距離的な制約がなく使える有効なツールになる。本島都市部との情報格差を是正し、定住条件を整えることで地域振興に役立ててもらいたい」と述べた。



カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!