02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
政治・行政
2019年3月21日(木)8:56

市、4月着工を堅持

総合庁舎建設
濱元氏 時期判断を提案

 4月に着工を予定している市総合庁舎の建設工事について、20日に行われた一般質問では濱元雅浩氏が昨今の建設コストの高騰や人手不足と合併特例債の発行期限が5年延長されたことを踏まえて、着工を急がずに2025年までに時期を判断して実施することを提案。これに対して、長濱政治副市長は現在のスケジュールを堅持するとの見解を示した。


 濱元氏は、建設コストや人手不足が今後ピークを迎える中で工事を強行せずに、今後の状況を見定めてできるだけ地元にその事業効果が還元できるタイミングでの実施を呼び掛けた。

 今後の建築コストの推移について、下地康教建設部長は「島内の建設コスト上昇については、これまで大型の公共工事があったことなどもあり、今後数年間は継続する。19、20年の総合庁舎や自衛隊施設などの大型公共工事がピークを迎えた後、その後は緩やかに降下して安定していくものと考えている」と述べた。

 これを受けて、濱元氏は「今後、緩やかに落ち着いていくのであれば、2025年までの間に(状況を見定めて)建設することも可能ではないか」と訴えた。

 これに対して長濱副市長は「県に問い合わせても本島内にも同様な状況はあるが、現時点では価格が安定する見込みは立たず、今後もさらにコスト増が進むものと考えている。建物の老朽化などの課題がある現状で、施設管理を行う上でも今後は負担が出ることが想定される。総合庁舎建設を遅らせることはこのような課題を先送りすることであり、現在の事業スケジュールに沿って進めたい」との見解を示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!