07/13
2024
Sat
旧暦:6月8日 先勝 戊 
政治・行政
2019年3月22日(金)8:58

保育士賃金 日額1万円に/宮古島市

現行より1200円アップ/県内最高水準に引き上げ


議会に認められれば保育士の賃金が4月から引き上げられる。写真は市立東保育所=21日、平良東仲宗根

議会に認められれば保育士の賃金が4月から引き上げられる。写真は市立東保育所=21日、平良東仲宗根

 宮古島市が公立保育所及び認定こども園で働く保育士(臨時職員)の賃金を引き上げる。改定後は日額1万円となり、現行と比べて1200円の大幅増。県内最高水準額となる。必要な予算を市議会3月定例会に提案しており、認められれば4月から適用される。不足する保育士の確保と子育て環境の充実を図る。

 市では保育士の絶対数が不足している。園児の入所調整と絡むことから数字は日々動いているが、保育士の確保は市の重要課題に位置付けられている。

 現行の賃金は、資格取得月から5年以上経過していれば日額8800円、5年未満なら8200円が市の規則で定められている。

 この規則を4月1日から改め、原則としてクラスの担任を受け持てば日額1万円に。クラス担任以外は同9400円となる。

 これまで宮古島市の賃金は県内11市中、民営化された南城市を除いて下から2番目の低さだったが、市議会で関連する予算が認められれば、糸満市に次いで2番目に高い賃金(昨年9月時点の調べ)となる。 

 賃金の引き上げは2年連続で、保育士の確保に向けた市の力の入れようが施策に表れている形だ。

 賃金だけでなく、島外から訪れる保育士には渡航費を助成。県内からの場合は25万円以内、県外からの場合は30万円以内を上限に旅費や引っ越し代金の実費を市が負担している。

 市は新卒者のほかに、有資格者で保育業務に就いていない「潜在保育士」の掘り起こしにも努める。

 潜在保育士が復職する場合、県社会福祉協議会が実施する準備資金貸付制度を利用できる。現行の貸付額は40万円以内で、2年間保育士を務めれば返済は全額免除。こういった優遇制度もアピールしながら保育環境の充実を図る。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!