07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
スポーツ 社会・全般
2019年3月24日(日)8:59

夢と感動ありがとう/元オリク協力会・平良さん

宮古キャンプ忘れない/引退のイチロー選手に感謝


イチロー選手のユニホームを手にする平良さん=23日、ホテルニュー丸勝

イチロー選手のユニホームを手にする平良さん=23日、ホテルニュー丸勝

 米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が21日、現役引退を発表した。プロ生活は28年。日本球界で過ごした9年間のほとんどは宮古島キャンプで汗を流し、スーパースターの道を駆け上がった。地元関係者からは「夢と感動を与えてくれた」などとねぎらいの声が聞こえた。

 宮古島オリックス協力会として、キャンプを支えた平良勝之さんは感慨ひとしお。会長を務めるホテルニュー丸勝のロビーには、倉庫に保管していた等身大パネルを設置。「イチロー選手、感動をありがとう」とメッセージを添えた。

 21日はマスコミ関係者から第一報が入り、引退を知ったという。深夜の引退会見も眠い目をこすりながら最後まで見入った。イチロー選手が無名時代に、球団関係者らと食事に行ったこともあり、当時の写真を見返して懐かしんだ。

 オリックスの宮古島キャンプは1993年に始まった。当時、イチロー選手はプロ2年目。94年には年間最多安打の210安打を放ち、日本球界をけん引する存在にまで成長した。

 96年には日本一を達成。97年2月の宮古島キャンプでは、優勝パレードやオープン戦を行い、それぞれ1万人の市民らが足を運んだ。当時の試算では経済効果は35億円。宮古経済や観光に大きな影響を与えた。

 2001年の大リーグ挑戦以降は2度来島。05年は故仰木彬さんの監督就任、06年はワールドベースボールクラシック(WBC)の調整を兼ねて訪れた。球場はマスコミやファンで埋め尽くされ、「イチローフィーバー」に沸いた。

 平良さんは「すべては仰木監督のおかげ。良き師に恵まれたと思う」と目を細め、「イチロー選手には宮古島を第二の古里と思ってもらえればうれしい。宮古島のために何かやってもらいたい」と期待する。イチロー選手の記念碑建立を目指して、各方面に働き掛ける予定だ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!