07/13
2024
Sat
旧暦:6月8日 先勝 戊 
社会・全般
2019年4月1日(月)8:59

路線開設記念し交流/宮古島市と成田市

相互の友好深める/ジェットスター就航で


宮古島市と成田市の関係者が約80人集まり、交流を深めた=3月30日、千葉県成田市内のホテル(提供写真)

宮古島市と成田市の関係者が約80人集まり、交流を深めた=3月30日、千葉県成田市内のホテル(提供写真)

 ジェットスター・ジャパンの成田-下地島路線就航に伴い、宮古島市と成田市との就航記念交流会が3月30日、成田市内のホテルで開催された。宮古島市からは下地敏彦市長をはじめ、同商工会議所の下地義治会頭、市議らが参加。両市の関係者、計約80人が互いの友好を深めた。31日、同路線で帰路に就いた下地市長は「成田市の心を込めた歓迎を受けた。和気あいあいとした中で親睦できた。今後も交流を深めようと約束してきた」と話した。

 宮古島市からは成田-下地島路線の初便に搭乗して、成田市を訪れた。関東宮古郷友連合会の福里正行事務局長らも参加し、宮古関係者は37人だった。

 成田市側は小泉一成市長、同市議会の伊藤竹夫議長、商工会議所など経済界からも多数参加したという。

 交流会に参加した下地会頭は「今後も交流を深めようと話し合った。成田市側も『宮古島にぜひ行きたい』と話していた。非常に有意義な交流会だった」と振り返った。

 福里事務局長は「郷友会の関東圏域に散らばっている会員も成田空港から帰省でき、故郷が近くなる。宮古圏域としてもさらなる発展ができることと歓迎している」と話した。

 交流会には琉球國祭り太鼓のメンバーによる太鼓演奏も披露されたほか、両市の紹介も行われた。

 成田市は人口約13万人。千葉県北部に位置し、成田国際空港を抱えることで知られている。ジェットスター本社の所在地も同市になっている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!