06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
社会・全般
2019年4月16日(火)8:56

「令和最初の優勝狙う」/トライ上位入賞者会見

早くも来年大会へ照準


上位入賞を果たし、会見した選手ら。左から山本、ロビンス、西内、戸原、鷲津、稲葉、三澤、栗原=15日、JTAドーム宮古島

上位入賞を果たし、会見した選手ら。左から山本、ロビンス、西内、戸原、鷲津、稲葉、三澤、栗原=15日、JTAドーム宮古島

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会の上位入賞者記者会見が15日、JTAドーム宮古島で開かれた。男女の上位入賞者8人が参加し、大会の感想などを語った。3度目の優勝を果たした戸原開人(30)=茨城=は「平成最後と令和最初の優勝を狙いたい」と意気込みを示した。女子3連覇と大会最多となる5度目の栄冠をつかんだ鷲津奈緒美(35)=神奈川=は「課題のランを克服してまた戻ってきたい」と抱負を述べた。

 会見には戸原、鷲津のほか、総合2位の西内洋行(43)=兵庫、同3位のダニエル・ロビンス(28)=オーストラリア、同4位の山本真二(37)=沖縄、同5位の三澤慶記(35)=愛知、同6位の栗原正明(31)=山梨、女子3位の稲葉明子(25)=神奈川=が参加した。

 戸原は「トレーニングの成果と強い自分が見たかった。自身最高のバイクパート。ランでは熱中症に苦しみながらも走り抜くことができた。3度目の優勝ができ、ほっとしている」と振り返った。

 鷲津は「納得のレースではない。バイクではフォームを崩さずランに備えた。ランでは折り返しまで良かったが、後半失速した。宮塚コーチの『まだ成長できる』という言葉を信じて頑張りたい」と強調した。

 2年ぶり出場の西内は「昨年は目の病気で出られなかった。宮古島合宿で顔見知りが増え、走っていて楽しかった。来年はもっと近くで優勝の花火が見られるようにしたい」と誓った。

 初出場のロビンスは「エイドステーションも充実しており、道路の状態も良い、沿道の応援が素晴らしかった。楽しんでレースができたので来年も参加したい」と大会を絶賛した。

 県勢トップの山本は「ダニエルに勝ちたかったが、根負けした。ダニエルに勝つことはもちろん、戸原選手にどんどん近付いて差をなくしたい」と語った。

 昨年11月からロングに挑戦した稲葉は「最後まで走り抜くことが第一目標だった。苦手なランを強化して、鷲津さん、(2位の)西岡さんに少しでも近付けるようなレースがしたい」と意気込んだ。

 大会について三澤は「同伴ゴールができることが驚いた。家族とゴールでき、いい思い出になった」、栗原は「大会は何も変えなくて大丈夫。あとはわれわれ選手が発信することだ」とそれぞれ話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!