02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
社会・全般
2019年4月18日(木)8:56

東海岸の広範囲に漂着/廃油ボール

海保「触らぬよう」注意呼び掛け


無数の廃油ボールが帯状に波打ち際に漂着していた=17日、吉野海岸

無数の廃油ボールが帯状に波打ち際に漂着していた=17日、吉野海岸

 高野漁港から城辺保良漁港にかけた広範囲の海岸に無数の廃油ボールが漂着しているのが確認された。廃油ボールは14日ごろから吉野海岸に漂着し始めたとみられている。宮古島海上保安部と宮古島観光協会は海岸を訪れる観光客らに砂浜では足元に十分注意し、廃油ボールには触らないよう呼び掛けている。

 本格的なマリンレジャーのシーズンを迎え、廃油ボールの漂着という事態を重くみた宮古島観光協会は18日に現場の確認や市と対策会議を開き、今後どのように対処するかを検討する予定。海上保安部も引き続き調査を進める。

 市観光商工課や宮古島観光協会には観光客から「油が付着した」などの通報があった。

 吉野海岸では、直径1~3㌢ほどの廃油ボールが無数に漂着し、特に波打ち際に帯状に広がっている。波打ち際に帯状に続いているため、砂浜から海に入る際には、漂着した廃油ボールの帯状の所を通らざるを得ない状態になっている。

 大阪からこの日来島した30代の女性観光客2人は「きょう着いたばかりなのに、油落としで大変。家でも靴磨きなんかしたことないのに」とマリンブーツに付着した油状の物を拭き取っていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!