05/21
2022
Sat
旧暦:4月21日 赤口 甲 小満
社会・全般
2019年4月19日(金)8:56

安全対策へ離岸流調査

海保
インギャーで船、ヘリ参加


蛍光緑色のシーマーカーが潮流に乗って外洋に向け広がった。左はインギャー橋=18日、インギャーマリンガーデン(偏光フィルター使用)

蛍光緑色のシーマーカーが潮流に乗って外洋に向け広がった。左はインギャー橋=18日、インギャーマリンガーデン(偏光フィルター使用)

 宮古島海上保安部(山戸義勝部長)は18日、本格的なマリンレジャーの季節を前に、観光客に人気があるインギャーマリンガーデンの離岸流調査を実施した。同保安部から巡視船「はりみず」と石垣航空基地からヘリコプターが参加し、離岸流の流れを調査し、今後の安全対策に活用する予定だ。


 午前10時すぎ、「はりみず」の潜水士が環境に無害なシーマーカーが入った容器を開封し流した。蛍光の緑のシーマーカーは潮の流れに沿って、インギャーマリンガーデンの湾内から、徐々に外洋に向けて広がった。

 その後も湾内でさらに1本のシーマーカーが開封され、蛍光色のマーカーが湾内の潮の流れを示した。

 ヘリコプターが上空からシーマーカーの流れを撮影し、その映像を分析後、今後の離岸流への注意呼び掛けなどに活用する。

 同保安部警備救難課救難係長の大城健裕さんは「インギャーは島の中でも人気のスポット。観光で来た皆さんに楽しい思い出をつくってほしい。離岸流を理解できないと、悲しい思い出につながる可能性もある」と話し「万が一離岸流に巻き込まれた場合は、流れに逆らうのではなく、慌てずに流れと直角の方向に向けて泳ぐと流れから逃れやすい」と説明した。


カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!