06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2019年4月25日(木)8:57

海中公園に9万人/18年度利用

前年度比9000人減


「魚が寄ってきたよ」などと話しながら海中散歩を楽しむ利用者ら=24日、海中観察施設

「魚が寄ってきたよ」などと話しながら海中散歩を楽しむ利用者ら=24日、海中観察施設

 宮古島海業管理センター(豊見山健児社長)が管理運営する「宮古島海中公園」(鳥海喜代志園長)の2018年度海中観察施設利用者数がこのほどまとまった。それによると利用者数は17年度比で約9000人の減の9万326人だった。開園以来同施設の利用者数総計は18年度末で61万6763人だった。

 児童福祉週間の初日となる5月5日は、同施設の利用料金が小中学生は無料になり、利用した小中学生にはお菓子の配布などを予定している。

 18年度の利用者数減少について鳥海園長は、クルーズ船客が宮古島に着いてからの動向が変化し、買い物が増加して観光が減少していることと、下期のシルバー、シニア層の団体ツアーの減少が、約9000人減の70~80%を占めるのではないかと減少の要因を分析する。また、台風が多く、完全休園日が通算7日間あったことも影響した。

 クルーズ船客の減少はあるものの、島外からの個人や家族連れの観光客は増加傾向にあることや、カフェ「海遊」などの利用が増加していることなどから、全体の業績は維持しているという。また、下地島空港の開港による観光客の増加にも期待を寄せる。

 同施設で海中散歩を楽しんだ観光客からは「ガイドさんの説明が面白かった」などの声も多く聞かれるという。また、最近はサメやロウニンアジなど大型の魚も観察できる機会が増え、観光客を喜ばせている。

 鳥海園長は今後について「観光客も国際化しているので、多言語で対応できるようにしていきたい」と話し、職員には「海の営業に関わっている職業人として、海を安全に楽しんでもらえるように案内してほしい」と指導している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!