07/14
2024
Sun
旧暦:6月9日 友引 己 
社会・全般
2019年4月26日(金)8:59

避難所に太陽光ハウス

賃貸し災害地に設置/市が民間2社と協定結ぶ


協定書を手にする(左から)下地市長、岡社長、福岡社長=25日、市役所平良庁舎

協定書を手にする(左から)下地市長、岡社長、福岡社長=25日、市役所平良庁舎

 災害時に備えるため、宮古島市(下地敏彦市長)は25日、ソーラーシステムハウスのレンタルに関する協定を民間2社と結んだ。被災地の避難所などに設置することで、市民生活の安定に寄与する。市役所平良庁舎で調印式が開かれ、下地市長は「市は災害に強い島づくりを目指している。充電ステーションやストックコンテナ、一時救護施設など利用度の高い施設だ。調印を締結でき、改めて感謝したい」と述べた。

 調印したのは、エコエネルギーシステムの開発などを行うダイワテック(本社愛知県名古屋市、岡忠志社長)と、土木建設機械レンタルのブリリアント(本社那覇市、福岡徹祐社長)。

 同ハウスは太陽光発電システムが導入され、電気工事が不要であることが最大の特長。4坪程度のためトラックで運び、日の当たる場所に設置するだけで使用可能になる。

 蓄電機能もあり、天気が悪くても2~3日は利用が可能。室内にはエアコンなどが完備されているほか、1日120台の携帯電話が充電できる。

 市内には現在30戸が使用・保管されている。半数が建設工事現場の休憩所としてレンタルされているが、災害発生時には避難所への設置を優先するという。

 今年度中に50戸、3年後には100戸まで増やす計画。昨年9月の北海道胆振東部地震でも現地に設置し、充電ステーションとして利用した実績があるという。

 岡社長は「東日本大震災の経験から自然エネルギーだけで使える物作りを始めた。多くの命が助かる商材。この機会を喜ばしく思う」と話した。

 福岡社長は「3年前に宮古島に出張所をスタートさせた。人のために役立つ商材を準備していきたい」と語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!