02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
産業・経済
2019年4月27日(土)8:57

ゴーヤーたくさん食べて

来月8日にキャンペーン/実行委がPR


子どもたちにみずみずしいゴーヤーをプレゼントし、来月8日の「ゴーヤーの日」をPRした=26日、JAファーマーズマーケットあたらす市場

子どもたちにみずみずしいゴーヤーをプレゼントし、来月8日の「ゴーヤーの日」をPRした=26日、JAファーマーズマーケットあたらす市場

 5月8日の「ゴーヤーの日」のキャンペーンに向け、宮古地区実行委員会(委員長・下地保造JA地区本部長)は26日、JAファーマーズマーケットあたらす市場で会見を開き、イベントの内容を報告するとともに、子ども食堂や複数の保育園の園児たちにとれたてのゴーヤーをプレゼントした。

 令和元年の「ゴーヤーの日」のタイトルは「サンゴの島から育まれた野菜の王!宮古島産ゴーヤー!」。

 会見で下地委員長は「今では宮古地区のゴーヤー生産は全国トップになった。ぜひ、来月8日は最低でも2品以上のゴーヤーを使った料理を食卓に並べてそのおいしさを堪能してほしい」と呼び掛けた。

 来月8日は、午前8時40分から同市場前でセレモニーを実施し、午前9時の開会宣言と同時に約650グラム前後のゴーヤー一袋を50円の安価で販売する。

 購入は1人2袋まで。当日は3000袋(約2000キロ)を用意し、売り切れ次第終了となっている。

 また、今回はプレゼント企画として、イベント当日に5月8日生まれの先着10人にゴーヤー5キロをプレゼントする。

 ゴーヤーのプレゼントは、午前9時30分からで誕生日が確認できる運転免許証等を提示する必要がある。

 実行委によると、2018年度のゴーヤー生産の目標は1010トンで売上げを4億400万円に設定。実績は1047トンで、販売額は3億6600万円となった。

 この日、ゴーヤーがプレゼントされたのは、子ども食堂と市内6カ所の保育園でそれぞれ30キロずつ合計210キロが贈られた。

 みずみずしいゴーヤーを手に取った園児たちは「ありがとうございます」と元気に感謝の言葉を述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!