02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
社会・全般
2019年4月27日(土)8:55

水難事故防止へ一丸

GWでビーチパトロール/防止推進協


出発式で「ワイドー」を三唱し、水難事故防止へ一丸で取り組むことをアピールした参加者=26日、市役所平良庁舎

出発式で「ワイドー」を三唱し、水難事故防止へ一丸で取り組むことをアピールした参加者=26日、市役所平良庁舎

 市水難事故防止推進協議会(会長・下地敏彦市長)は26日、水難事故防止海浜パトロールを実施した。各ビーチを回り、観光客らにシュノーケリングやダイビングの注意点などを記したパンフレットを配布。「ゴールデンウイーク(GW)中、宮古島の海で安全にマリンレジャーを楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 市や宮古島警察署、宮古島海上保安部、各漁協、宮古島地方気象台、マリンレジャー関係組合などが参加し、4班に分かれてパイナガマビーチや砂山ビーチ、前浜ビーチ、新城海岸などで実施した。

 出発式が市役所平良庁舎で行われ、下地市長(代読)は「悲しい事故が繰り返されないよう、関係機関と連携を密にして取り組みや啓発を進めていきたい」と協力を呼び掛けた。

 宮古島署によると、昨年の水難事故は11件発生し4人が亡くなり、1人が行方不明となっている。今年4月23日現在では1件1人が亡くなっている。

 同署では、水難事故はGWが始まる4月末から夏休みの8月末に多くなることから、この期間での啓発活動が重要だと話している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!