02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
産業・経済
2019年4月28日(日)9:58

特性や品種など学ぶ/JA専門部会

オクラ栽培講習に30人


栽培講習会で熱心に講師の話を聞く参加者=26日、JA宮古地区農産物集出荷場会議室

栽培講習会で熱心に講師の話を聞く参加者=26日、JA宮古地区農産物集出荷場会議室

 県の拠点産地に認定されている宮古島市のオクラの栽培講習会(主催・JA宮古地区オクラ専門部会)が26日、JA農産物集出荷場で行われた。新規栽培者を中心に約30人が参加し、特性や品種、作柄など栽培の基本などを学んだ。

 講師で宮古農林水産振興センター農業改良普及課農業技術班の新崎泰史技師が▽畑の選定・植付準備▽播種・発芽後と開花後の管理▽かん水、肥培管理-などについてアドバイスした。

 このうち、畑の選定について新崎さんは、土壌のpH(ペーハー)が適正であることや、排水が良い畑などの選定要件を説明し、「土壌のpHは6・0~8・0の弱酸性からアルカリ性なら大丈夫で、宮古の畑の多くはこの範囲内に入る」と話した。

 新崎さんは「オクラ栽培の8割が発芽にかかっている」と話し、発芽の条件として▽播種前に十分かん水しておく▽覆土は湿らせた培養土が望ましい-などと助言した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!