02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
スポーツ
2019年5月8日(水)8:56

東京五輪向け勝負の年/重量挙げ日本代表 佐渡山彩奈さん

あこがれの八木選手がライバル


五輪出場を目指す佐渡山さん

五輪出場を目指す佐渡山さん

 重量挙げの女子日本代表選手、佐渡山彩奈さん(25)=宮古島市出身=がこのほど、本社を訪れ、国際大会の結果などを報告した。同競技の東京五輪の出場選手決定は来年4月の見込み。勝負の1年となる今年度の抱負を語った。

 2月にタイで行われた国際大会では、2位に入り、自己ベストとなるトータル186キロをマークした。しかし、その後のアジア選手権大会(4月)は7位。記録もトータル181キロと伸びず、「調子が上がらず、行き詰まっていた」と悔しさをにじませた。

 気持ちを切り替えようと大会から帰国後、宮古まで足を延ばした。3日間だけだが実家に帰り、母校・宮古高校の後輩部員たちと汗を流した。「空気もいいし、やっぱり宮古は落ち着く。いいリフレッシュになった」と表情をゆるませた。

 東京五輪に出場するには、世界6大会の成績によって得られるポイントが大きな要素になる。日本から選ばれるのは、1階級から1人のみという狭き門に挑む。

 同階級の八木かなえ選手はライバルであり、あこがれの存在でもある。ロンドン、リオと2大会連続で五輪出場した階級最強の実力者。夢をつかむためには必ず追いつき、追い越さなければならない存在だ。

 昨年、初優勝した福井国体では八木選手を破り、ベスト記録もあと10キロで並ぶほど背中はもう見えている。今年の目標は「八木選手に勝って、東京五輪出場を決めたい」。決意のこもったまなざしで誓った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!