02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
スポーツ
2019年5月14日(火)8:59

活躍は「キャンプの成果」/チーム土屋

スキージャンプ小林選手 恒例の合宿で宮古入り


宮古島合宿のため来島した(左から)伊藤将充選手、小林選手、葛西選手兼監督、伊藤有希選手=13日、宮古空港

宮古島合宿のため来島した(左から)伊藤将充選手、小林選手、葛西選手兼監督、伊藤有希選手=13日、宮古空港

 葛西紀明選手兼監督が率いる土屋ホームスキー部「チーム土屋」が13日、恒例の宮古島合宿のため来島した。メンバーの一人で、昨シーズン日本勢初となるスキージャンプW杯個人総合優勝を成し遂げた小林陵侑選手はその活躍の要因の一つとして「宮古島キャンプの成果が大きかった」と語り、今回のキャンプについても「やり切りたい」と意気込みを示した。

 今回、宮古島キャンプのため来島したのは葛西選手兼監督、小林選手、伊藤有希選手、伊藤将充選手の4人とコーチ1人。日程は6月4日までの日間。期間中の6月1、2日に開催されるビーチバレー宮古島大会にも出場する。

 チームは同日、那覇発宮古行きの最終便で宮古入りした。小林選手は昨シーズンを振り返って「宮古島でしっかりとトレーニングができていたし、土屋ホームに入ってから経験をたくさん積んできた。それが発揮できたシーズンだった。宮古島キャンプの成果が大きかったと思う」と昨年のキャンプが総合優勝の一助になったとの考えを示す。

 今回のキャンプに向けては「シーズンの始まりとなるので今年もやり切りたい」との思いを語った。

 葛西選手兼監督は「やっと第二のふるさとに帰ってくることができたという、うれしい気持ち。早く帰ってきたかった」と笑顔を見せた。

 昨シーズンを振り返っては「個人としてはあまり成績は良くなかったが、監督としては小林陵侑が世界一というすごい成績を出してくれたので、すごく喜ばしいこと」と話す。

 小林選手活躍の背景としては「5、6月の合宿でしっかりと体力を作って、夏の試合、そして冬の試合につなげることが一番良かったのではないかと思う」との考えを示した。

 宮古島合宿については「宮古島でトレーニングすると、全然疲れないという治癒力がある島だと思う。元気良く、けが、故障のない思い切ったトレーニングに励みたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!