02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
教育・文化
2019年5月16日(木)8:55

「組踊」の伝統継承へ/300周年事業開幕式

「執心鐘入」上演


開幕式典後に上演された組踊「執心鐘入」=15日、国立劇場おきなわ(浦添市)

開幕式典後に上演された組踊「執心鐘入」=15日、国立劇場おきなわ(浦添市)

 【那覇支社】琉球の伝統芸能「組踊」が玉城朝薫により創始され今年で300周年を迎えることから、本土復帰記念日の15日、「組踊上演300周年記事業開幕式典」(同実行委員会主催)が浦添市の国立劇場おきなわで開催された。

 関係団体や県内文化協会、国会議員らの招待客約380人が集まり、組踊の継承と発展を祈念した。式典後、舞台では組踊の代表的な作品「執心鐘入」が上演された。

 主催者あいさつでは、同委員会会長の玉城デニー知事が「組踊は1972年5月日、沖縄の本土復帰の日と同時に国の重要無形文化財に指定された。2010年にはユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、文化遺産として高く評価されている」と説明した。

 同実行委員会の眞境名正憲委員は「1969年に組踊の250周年事業が行われたが、当時は県民の関心度も高くなかった。令和の時代に入り、次の50周年記念事業に向けて、文化遺産としての保存、継承、発展に県民全体の力添えをたまわりたい」と語った。

 宮古からは、宮古島市文化協会の粟國和伸芸能部会長が招待客として出席した。来賓では、宮田亮平文化庁長官、日本芸術文化振興会の河村潤子理事長が祝辞を述べた。

 県文化観光スポーツ部の新垣健一部長によれば、300周年記念事業では県内巡回講演も予定している。8月18日にはマティダ市民劇場で「執心鐘入」が上演される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!