02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
社会・全般
2019年5月29日(水)8:58

住宅着工、前年比2・9倍/宮古地区18年 ホテル従業員や作業員向け

宮古島市での新設住宅着工件

宮古島市での新設住宅着工件

 【那覇支社】NIAC(南西地域産業活性化センター)は27日、県内の住宅着工動向を発表した。2018年に宮古島市と多良間村で着工した住宅件数は前年比2・9倍の2117戸と、大幅に増加。同センターは、「ホテル建設や下地島空港旅客ターミナル、陸自駐屯地、クルーズ船用岸壁などの工事でホテル従業員や作業員向けの住宅建設が急増している」と分析している。

 同センターが今回の調査で参考にした国土交通省の「住宅着工統計」によると、2117戸のうち宮古島市で新たに着工したのは2115戸。持家の着工戸数が前年とほぼ同じなのに比べ、賃家や給与住宅、分譲住宅は前年から大きく伸びる結果となった。

 特に貸家の増加が著しく、同センターは、「18年は前年比3倍増の1843戸が着工されたが、空室がなく需要に供給が追い付かない状況が続いているようである」「観光客の大幅増などから宮古圏域での雇用が増加していることがうかがえる」と指摘した。

 今後について、同センターは「宮古や八重山圏域では、人口や世帯数の増加に賃貸住宅の供給が不足している。当面は、ワンルームや1~2Kなど床面積の小さな貸家を中心に高水準の着工戸数が見込まれる」と展望している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!