02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
スポーツ
2019年6月4日(火)8:59

宮高男子が上位独占/県高校総体卓球

複で優勝、単は準V、3位


男子シングルス1・2位決定戦で熱戦を展開する兼島研斗(奥右)=3日、那覇市の県立武道館

男子シングルス1・2位決定戦で熱戦を展開する兼島研斗(奥右)=3日、那覇市の県立武道館

 【那覇支社】2019年度県高校総体は3日までに、卓球男子ダブルスとシングルスの決勝までを行い、兼島研斗・砂川朝博ペア(いずれも宮高2年)がダブルスで優勝したほか、男子シングルスでは兼島研斗が準優勝、本村葵(宮高1年)が3位入賞を果たした。男子ダブルスでは兼島・砂川ペアが、同シングルスでは兼島と本村が、それぞれ九州大会と全国大会の出場権を獲得した。

 男子ダブルスは2日に決勝まで行われた。優勝した兼島は「今回はミスが少なく、自分がしっかりつなぎ、砂川が決めるという役割でちゃんと出来て良かった」と語った。

 砂川も「九州大会や全国大会は県よりレベルも上がってくる。確実に点を取ることを意識してやっていきたい」と力を込め、九州や全国でのランクインを誓った。

 また、男子シングルスでは3日、兼島が1・2位決定戦を、本村は3・4位決定戦を行った。兼島と平山良一朗(南風原)による1・2位決定戦は、セットカウント2-2と互角の展開で最終セットにもつれ込む熱戦となった。最終セットで相手に先行を許した兼島は、一時は逆転に成功。このまま押し切るかと思われたが、再度、相手に流れをつかまれて惜しくも準優勝となった。

 試合後、兼島は「悔いが残る結果だが、自分のプレーが出たという部分は良かった。少し安定していない部分があるので、安定させるよう日頃の練習を頑張りたい」と次を見据えた。

 3・4位決定戦で勝利し、初めての高校総体で男子シングルス3位を獲得した本村は、「ここまで来るとは思っていなかった。全国大会ではレベルも上がるが、一勝でも多く勝ち進んでいきたい」と語った。

 宮高男子チームは団体戦でも決勝リーグへ進出し、3日は前原を下している。優勝を目指して4日にはコザ、普天間と対戦する。宮高の根木貴光監督は「ダブルスはゴールデンウィークから取り組み、広島にも遠征に行って本人達も自信を持った。明日(団体戦)もダブルスが鍵になると思う」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!