02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
社会・全般
2019年6月5日(水)8:56

父の遺志引き継ぎ清掃/東京の塚本さん家族

12年継続、交流も広がる


父親の遺志を引き継ぎ清掃に汗を流した仁さん(前列左)、小夜子さん(同2人目)、久仁栄さん(同3人目)と活動に賛同したメンバーら=4日、新城海岸

父親の遺志を引き継ぎ清掃に汗を流した仁さん(前列左)、小夜子さん(同2人目)、久仁栄さん(同3人目)と活動に賛同したメンバーら=4日、新城海岸

 東京から毎年宮古島を訪れ、12年間にわたり新城海岸を清掃している家族がいる。父親は昨年亡くなったが、遺志を引き継ぐ形で、今年からは子どもたちが中心になり4日に清掃を行った。趣旨に賛同し、一緒に清掃する人も増え交流の輪が広がっている。子どもたちは「今までやってきたことを無駄にしたくない。父も天国で喜んでくれていると思う」と話した。

 新城海岸を清掃していたのは、塚本一雄さんとその妻の小夜子さん、二男の仁さん、嫁の久仁栄さんの家族4人。4人は大好きな宮古島を毎年訪れては、観光の合間を縫って清掃に汗を流していた。

 家族が清掃を始めたきっかけは、同海岸でパーラーを営む福原栄吉さんが清掃している姿を見掛けたことだ。「せっかく来てくれる人がいるのだから、きれいなビーチで楽しんでほしい」との福原さんの言葉に感銘を受けたという。

 新城海岸が気に入っていた一雄さんは昨年12月に心不全で帰らぬ人となった。享年歳。結婚50周年の金婚式の翌日で、夫婦で「年が明けて落ち着いたら、家族で旅行に行こうか」と話している矢先だったという。

 それから約5カ月後。新城海岸には塚本さん家族が清掃に励む姿があった。今年は長男の一博さん嫁の陽子さんも参加。塚本さんの活動に賛同して、一緒に清掃する観光客や地元の人たちも増えた。

 小夜子さんは「夫が今までやってきたことを無駄にしたくない。活動の輪も広がってきたので、これからも続けていきたい」と話した。

 仁さんは「父は波もおだやかなこの海岸が大好きだった。私たちがこれまでと変わらずに清掃を続けることを、父も天国で喜んでくれていると思う」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!