01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
社会・全般
2019年6月15日(土)8:57

新時代に「安全第一」継承

スローガンを指差呼称/宮古地区安全大会


指差呼称でスローガンを確認する参加者ら=14日、市城辺公民館

指差呼称でスローガンを確認する参加者ら=14日、市城辺公民館

 2019年度宮古地区安全大会(主催・県労働基準協会宮古支部ほか)が14日、市城辺公民館で開かれた。事業主や労働者など約120人が参加し、指差呼称で全国安全週間のスローガンを確認。「すべての職場において災害ゼロを目指し、安全活動に取り組み、『安全第一』を新たな時代に継承していく」などとする大会宣言を採択した。

 第92回全国安全週間は7月1~7日の期間に実施される。宮古地区では毎年、準備期間の6月に安全大会を開催している。スローガンは「新たな時代にPDCA みんなで築こうゼロ災職場」となっている。

 主催者を代表して同協会宮古支部の上里明通支部長(代読・渡真利勝副支部長)が「好景気が続く宮古地区は人手不足が深刻な状況。忙しい時だからこそ、各職場で安全の重要性の認識をさらに図らなければならない」とあいさつした。

 宮古労働基準監督署の新里隆署長は「労働災害は事前に安全対策を講ずることで防げる。宮古地区で働く者が健康で安心して働ける安全な職場づくりをお願いしたい」と呼び掛けた。

 同署の労災・安衛課の城間豊和課長が安全週間の趣旨説明をしたほか、特別講演として沖縄産業保健総合支援センターの高良康雄さんがヨガの指導を行った。

 最後は参加者全員で指差呼称を行った。声を合わせてスローガンを読み、「ゼロ災職場」の実現に向けて決意を新たにした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!