02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
教育・文化
2019年6月20日(木)8:55

「戦争、起こさない」

北中で平和集会/知念さんが沖縄戦解説


知念さんの講話を聞く生徒たち=19日、北中学校体育館

知念さんの講話を聞く生徒たち=19日、北中学校体育館

 北中学校(友利直喜校長)は19日、平和集会を同校体育館で開いた。元校長の知念安則さんが悲惨な沖縄戦の史実を解説し、「なぜ戦争が起きるのかを知り、起こさないようにすることを考えてほしい」と訴えた。参加した生徒たちは沖縄戦を学び、平和の尊さについて考えた。

 同集会は地域の講師から宮古島における戦争を知ることで、生徒たちが生命の尊重や個人の尊厳などについて考える機会にすることを目的に行われた。

 知念さんは、日本が戦争を始めた理由として、日本が先頭になって東アジアの繁栄を作る「大東亜共栄圏」構想や、全世界を天皇の下に一つの家族にする「八紘一宇」の考えを挙げた。

 沖縄平和祈念公園の「平和の礎」に刻まれている沖縄戦の犠牲者の数は、沖縄県が約15万人、県外約7万7000人、外国約約1万5000人の計24万人に上ることを説明。犠牲者は軍人よりも民間人が多かったことを強調した。

 沖縄戦の特徴には▽国内唯一の地上戦で多くの住民を巻き込んだ▽本土決戦を遅らせるための捨て石作戦だった▽集団自決が起きた▽日本兵による住民虐殺があった-を挙げた。

 また、治安維持法によって思想や言論の自由を奪い、反政府・社会運動を弾圧したことや、大本営発表により正しい情報を国民に伝えなかったことも説明した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!