08/07
2022
Sun
旧暦:7月10日 仏滅 壬 立秋
産業・経済
2019年6月27日(木)9:00

宮古島市99・5%で県内トップ/賃貸物件稼働率

おきぎん経済研究所  賃料も上昇傾向


県内各地区の賃貸物件稼働率

県内各地区の賃貸物件稼働率

 【那覇支社】おきぎん経済研究所(東川平信雄社長)は26日までに、2018年の県内賃料動向ネットワーク調査を発表した。このうち、賃貸物件の稼働率では宮古島市が99・5%(前年と同値)で県内10地区で石垣市と並んで1位となった。

 宮古島市での稼働率が高いことについて、同研究所は「建築工事等による法人の借り上げ需要が増加しているのが要因」と分析している。また、「北学区など一部では築古物件の多さなどから人気が低い地域もあるが、島内全域で物件が不足している。新築、中古とも全タイプで賃料が上昇傾向。久松地区などは、市街地と海に近く人気」と指摘した。

 共益費や駐車場代などを除く賃料は、3K~3LDK(新築)は前年比16・2%上昇の7万9000円、2K~2LDK(新築)は同14・9%上昇の7万3900円、1R~1DK(新築)は同15・6%上昇の5万7100円だった。

 市郡別の新設着工戸数(貸家)でも、宮古島市の2018年度は1680戸(前年度比86・9%増)と高い伸びを示した。伸び率は県内11市中トップで、戸数も那覇市の2155戸(同29・9%減)に次いで11市中2位だった。

 県内で宮古島市や石垣市に次いで稼働率が高かったのは、生活環境や交通利便性の良さで単身から家族世帯まで幅広い層に人気がある那覇市新都心地区の98・0%(前年比0・5%増)だった。

 同研究所によると、稼働率調査は賃貸管理会社へ管理物件の状況を聞き取る方法で行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!