02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
産業・経済
2019年7月12日(金)8:56

「県産品の優先使用を」/経済5団体

奨励月間で市に要請


下地市長(手前右)に要請書を手渡す古波津会長=11日、市役所平良庁舎

下地市長(手前右)に要請書を手渡す古波津会長=11日、市役所平良庁舎

 7月の県産品奨励月間に伴い、県工業連合会と県JIS協会の会長を務める古波津昇氏が団長を務める県産品奨励キャンペーン要請団一行は11日、市役所平良庁舎を訪れ、県産品の優先使用を下地敏彦市長に要請した。

 要請団は県内企業の関係者で構成され、古波津団長が、県工業連合会、県JIS協会、県酒造組合、県商工会連合会、県商工会議所連合会の5団体連名での要請書を下地市長に手渡した。

 要請書では、①公共工事発注時の地元企業優先と特記仕様書に明記されている県産建設資材の優先使用についての業者への指導の徹底②県が認定した「県産リサイクル資材」の特記仕様書への追記③再生資材で製造された「県産リサイクル製品」の優先使用④市で使用する物品での県産品の優先使用と市民への県産品優先使用の意義啓蒙(けいもう)-の4点への協力を求めている。

 引き続き要請参加企業の関係者が、自社の商品やサービスの内容をPRするとともに、他市町村での導入例などを紹介した。

 説明を聞いた下地市長は「毎年、こうして皆さんの新しい取り組みを聞くと日々の研さんに頭が下がる。県産品の優先使用は市の大方針としてあるので、これからも皆さんと一緒になって県全体が豊かになるために頑張っていきたい」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!