02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
政治・行政
2019年7月20日(土)8:58

観光収入、7千億円突破/6年連続で過去最高

県観光収入推移

県観光収入推移

 【那覇支社】玉城デニー知事は19日、県庁で定例会見を開催し、2018年度の観光収入が前期比5・1%増の7334億7700万円となり、6年連続で過去最高を更新したと発表した。観光収入が7000億円を突破するのは初めて。

 県は、観光収入が増加したことについて「入域観光客数が958万人から999万9000人に増加したことと、国内客一人当たりの消費額が前年度比6・2%増の7万6734円に伸びたことなどが理由」と分析している。

 観光客一人当たりの県内消費額は、国内客が7万6734円(前期比6・2%増)、外国空路客が9万119円(同10・1%減)、外国海路客が2万8343円(同5・1%減)。観光客全体の一人当たりの消費額は7万3355円(同0・7%増)だった。

 19年度の観光収入については、目標値として前期比9・1%増の8000億円を掲げた。一人当たりの消費額は、同6・3%増の7万8000円とした。

 玉城知事は、今後の重点施策について「入域観光客数は順調に増加する中、観光の質の向上を図ることが重要」とした上で、「キャッシュレス決済の普及拡大や、離島周遊観光の促進を図ることで、滞在日数の延伸や一人当たりの消費額の向上につなげていきたい」との考えを示した。

 また、県が掲げている観光収入1・1兆円の目標達成に向けては「引き続き、官民一体となった効果的なプロモーションを展開し、人材育成や消費環境の整備など受け入れ体制の強化に向け、関係機関と連携しながら全力で取り組んでいく」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!