01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
イベント
2019年7月23日(火)8:56

県内外の障がい者が交流/バリアフリー釣り大会

障がい者とボランティアが一緒に釣りを楽しんだバリアフリーフィッシング=21日、荷川取漁港

障がい者とボランティアが一緒に釣りを楽しんだバリアフリーフィッシング=21日、荷川取漁港

 第5回宮古島市バリアフリー・フィッシング大会(共催・自立生活センターまんた、市社会福祉協議会、市身体障がい者福祉協会)が21日午前、荷川取漁港で行われた。

 県内外の障がい者と地元のボランティアなど約30人が参加し、交流を深めながら釣果を競い合った。

 開会式のあいさつでは、「まんた」の新里聖寿共同代表が「天候にも恵まれたので、いろいろな魚が釣れると思う。みんなで楽しいひとときを過ごしてほしい」と呼び掛けた。

 参加者たちは数人1組となって、漁港内の思い思いの場所でまき餌をしながら釣り糸を垂らし、当たりが来るのを待った。

 釣り竿に反応があるたびに、それぞれのグループからは「逃がさないでよ」「頑張れ、頑張れ」の声援が起こった。

 釣り終了後は、釣果表彰が行われ「将来は大物で賞」「珍しいで賞」「JTAで賞」などユニークな賞に出場者が選ばれるたびに、会場には笑い声が響いた。

 そのほか、日本トランスオーシャン航空の職員もボランティアとして参加。出場者をサポートしながら交流を深めた。

 同大会は地元の子供たちと県内外の障がい者が釣りを通して交流することで、障がい者への理解と社会参加の機会を促進することなどを目的に開催されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!