11/30
2022
Wed
旧暦:11月7日 大安 丁 
社会・全般
2019年8月7日(水)8:57

パイロット訓練実施へ/キャセイパシフィック航空

下地島空港できょうから


ホエイ機長(右)が下地市長に777-300型機のミニチュア模型を贈った=6日、市役所平良庁舎

ホエイ機長(右)が下地市長に777-300型機のミニチュア模型を贈った=6日、市役所平良庁舎

 香港を拠点とするキャセイパシフィック航空は下地島空港できょう7日午前、ボーイング777-300型機(トリプルセブン)でパイロット訓練を実施する。同社が日本で実機を使って訓練を展開するは初めてとなる。同社運航管理部門ジェネラルマネジャーのマーク・ホエイ機長らが6日、市役所平良庁舎を訪ね、下地敏彦市長に報告した。下地市長は「訓練はありがたい」と歓迎した。

 777-300型機は、全長73・9メートル、全幅60・9メートル。座席数398席。7日に香港から飛来し、訓練生7人が交代で離着陸訓練(タッチアンドゴー)を行う。訓練時間は2時間ほど。訓練後、給油を行わないで香港へ帰る。

 この飛行機は長距離路線機材とされ、日本では日本航空や全日空が運航させている。キャセイパシフィック航空は、日本向けに直行便8路線で就航している。

 ホエイ機長は「下地島空港は(長さ3000メートルの滑走路のために)大型機の離着陸訓練に適している。香港にあるキャセイドラゴン航空も下地島空港での訓練を検討したい考えがあるようだ。将来はフライアンドクルーズができれば」と期待を込めた。

 キャセイパシフィック航空の運航管理者の陳佐治さん、下地島エアポートマネジメントの伴野賢太郞社長と望月浩嗣航空営業部長らが同席した。

 下地市長は、フライアンドクルーズの実現に期待を寄せた。

 ホエイ機長は下地市長に777-300型機のミニチュア模型を贈呈し喜ばせた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!